建売住宅を検討する際に知っておきたい注意点

安くて好立地でしかもすぐに入居できるといった魅力を持っている建売住宅ですが、
次のようなマイナス面もあるということを知っておかなければいけません。
例えばすでに決められた間取りを自由に変更することができない点です。

これは建築基準法に沿った検査をパスするために、
販売会社が申請時に定めた間取りの通りの家を建てなければいけないからです。
また、施工業者を自由に選ぶこともできません。そのため、建売住宅の良し悪しは、
完成後の家を見て判断するしか方法がなく、家にとって重要な要素となる
給排水や断熱性、構造、設備の配線といった性能面は確認することができません。

すると中には材料費や人件費を抑えた手抜き工事を行うことによって建てられた、
欠陥住宅を選んでしまう可能性も出てきます。もちろん建売住宅の中には低価格で高品質の住宅も多くあり
きちんと見えない部分は専門家によるチェックを行った結果を提示して教えてくれるところもあるので、
不安な方はそういった業者を選ぶようにすると良いでしょう。